SEO対策

SEO(検索エンジン最適化技法)について


SEOとは?

『SEO(Searth Engine Optimization) = 検索エンジン最適化技法』

=「検索エンジンによる検索結果で、自社Webサイトをできるだけ上位に表示させるために、
様々なアプローチでWebサイトを最適化する手法」です。

最近では、「SEO」または「検索エンジン最適化」という言葉がよく聞かれるようになってきました。
ホームページを持っている人は聞いたことがあると思いますし、取り入れている人も多いと思います。

※85%以上のインターネットユーザーは、検索エンジンを介して商品やサービスを調べています。
※80%のインターネットユーザーは検索エンジンを介してWebサイトを見つけ出します。

ほとんどのユーザーは検索エンジンを使っています!
だから、検索エンジン最適化(SEO)はとっても大事なのです!

検索エンジンは、何かを探している消費者を適切に貴社のWebサイトへ導く道案内であり、
あなたが提供したいプロダクトやサービスとそれを探している潜在的な消費者を効率的に結びつける
マッチング・ツールと呼べます♪



ソフトウェア等も何種類か出回っています。

インターネット上でチェックできるツールとしては 『Another HTML-lint gateway』 が有名です。
この評価はかなり厳格です。
致命的なミスが無くてマイナス点にならなければ良し、ぐらいに考えてもいいんじゃないかと思います。

重点キーワードがどのように配置されているかは『Googleツールバー』のハイライト機能でチェックします。
自力でSEOをする場合にはGoogleツールバーは必須アイテムですよ!

SEOを実施する際にGoogleツールバーと同じぐらい重要なのがSEO分析ツールです。
日本で利用できる代表的なソフトの1つに『ぐーまに』があります。


本文では単語が上位に表示されればされるほど高得点になりますので、
キーワードは必ずHPの上部に書きましょう。
自分でHPを作成したら少なくともIEとNNの両方で必ずチェックしましょう♪



ちなみにこちらもよく聞き始めた
『アルゴリズム』についても少し載せておきますね♪

アルゴリズムとは、クエリー(要求)されたキーワードとそれぞれのWebページ内のコンテンツをマッチングするために用いる検索エンジンやディレクトリー の計算方法で、検索結果の順位を算出する計算方法も含まれます。

近年ではGoogleが開発した外部リンクにも比重を置いたアルゴリズム が主流を成していますよね。

検索エンジン各社とも要求内容にできるだけ照合した結果を導き出すためのアルゴリズムをそれぞれ開発しています。

当然各社 とも異なったアルゴリズムを使用し、より有効な検索結果を導く為に日々改善作業が行われています。
検索エンジンを使っていると、あれチョッと変わった?(どこが変わったかよく分からないけれど)ということがありますよね。

ヘッダを有効に使おう!


あなたが様々なアフィリエイトサイトやショップページを見ていると、ページ上部に文章があることに気づいたと思います。

いったい、なぜ何だろう?とおもったあなた。
以下を読んで、絶対に速攻で変更してくださいね♪

たとえば、このサイトのTOPページを見てください。
ここにも上部に文章があります。

ソースには、<h1>〜</h1>の間に文章「あなたはお金の勉強をしてますか?・・・・・・」を挟んでいます。

<H1>タグはかなりの信用度で考慮されていることが判明しています。


まず、検索エンジンが重視するのは、『 title 』だと言われます。
そして、ヘッダも重視します。

最近流行のブログですが、
ブログが検索エンジンでヒットしやすいのは、この「title」と「ヘッダ」が読みやすい形でセットされているからです。

もしあなたが普通の文章をここに入れていたら是非<h1>〜</h1>で囲みましょう。
titleとヘッダにヒットさせたいキーワードを一致させることで、そのキーワードの重要性はロボットにより認知されるはずです。

また、ページ上部に文章を配置するというのも、BODYの先頭部分を検索エンジンが重視するというアルゴリズムからも妥当なことなのです。

従来のホームページとブログを組み合わせて、効率的なアフィリエイトを展開する


ブログが検索エンジンでヒットしやすいのは、この「title」と「ヘッダ」が読みやすい形でセットされているからです。
ということを先ほど書きました。

しかし、誰にでも簡単に作れるブログは、「誰にでも」「簡単」なので、アフィリエイトサイトとして行き届かないのです。

どうすればもっと効率的にアフィリエイトできるの?
ブログのカスタマイズが思うように出来ななあ〜、と思ったあなた。

もし今までにホームページビルダーやドリームウィーバーなどでホームページを作ったことがあるなら、早速アフィリエイトのサイトを作りましょう。

えー、めんどくさい・・・と思わずに手間を惜しんで作成しましょう。
アフィリエイトには時間と手間がかかりますから、この際頑張って作っちゃいましょう。

それにはもちろん理由があります。

従来のホームページは、レイアウト次第で自分の好きなように広告も配置できますし、商品の入れ替えも自分の好きに出来るのです。

そう、ブログと比較してレイアウトの自由さがメリットなんです。

ブログをカスタマイズするよりも、ツールを使ってページを作成するほうが、逆に短時間で済みます。

そして、その中でブログへのリンクを張ってしまえば良いのです。
ブログの中でインデックスを作るより、こっちの方が見やすいページを作りやすいです♪

さらに、異なるドメインでブログとホームページを作っていたなら、相互にリンクすることによって、googleページランクが上がるはずです。
3くらいにはすぐになるのではないでしょうか。

このとき、位置付けとしては、従来のホームページがメインでブログは新商品紹介や、お知らせページのイメージでいいと思います。
ブログで人を集めて、ホームページへ誘導するのが1つの手だと思います。

これはブログの即効性に期待したものです。

最近のインターネット環境


インターネットの利用動向をまとめた「インターネット白書2004」によると、
日本の4軒に1軒がブロードバンド利用世帯になっているそうです。

2004年2月時点の日本のインターネット人口は約6300万人で、
2003年2月の5,600人から11%増加しています。

ただし、順調に伸びてはいるが、それまでの急激な伸びに比べれば鈍化しているようです。

利用場所および機器別の内訳を見ると、
「自宅の機器から」 = 2300万人、
「自宅の機器と勤務先・学校の機器、両方から」 = 2000万人、
「勤務先・学校の機器から」 = 1100万人、
「携帯電話・PHSのみ」 = 900万人
となっています。

世帯ベースで見ると、自宅の機器の接続率を表わす「世帯普及率」は52%で、
昨年は48%だったため、はじめて過半数の世帯がインターネットにつながったことになります。

また、勤務先・学校と携帯電話・PHSも含め、
何らかの形でインターネットを利用している人がいる世帯の比率を表わす
「世帯浸透率」は78.1%に達しています。

自宅におけるブロードバンド接続の占める割合は48%で、2003年の39%から大幅に増加しています。
インターネット非利用世帯も含めた日本の全世帯に対する割合も25%となり、
4軒に1軒がブロードバンド利用世帯となりました。

上記の世帯比率で見ると、自宅からのインターネット利用は未だにナローバンド世帯が52%と
わずかながらブロードバンドを上回っているものの、
利用者ベースでは初めてブロードバンドが過半数を超えました。

これは、ブロードバンド世帯のほうが1世帯あたりの利用者数が1.8人と、
ナローバンド世帯よりも多いためです。
自宅からのブロードバンド利用者は2214万人、ナローバンド利用者が2124万人となっています。



光ファイバ回線の比率が12%と1年で3倍近くに増加

主なインターネット接続方法
1位 ADSL 65.3% →昨年の61.9%から増加
2位 CATV 14.5% →昨年の15.6%から減少
3位 光ファイバ 12.2% →昨年の4.7%から3倍近くの伸び
4位 ISDNによるダイヤルアップ接続 3.5% →昨年の9.4%から減少
5位 モデムによるダイヤルアップ接続 2.5% →昨年の5.3%から減少
6位 P-in/P-in Comp@ct/AirH"などの通信カード 1.3%
などとなっています。



ADSL接続の契約事業者では、東西NTTに代わってYahoo! BBがトップとなった。

主なADSL接続の契約事業者
1位 Yahoo! BB    35.6% →昨年30.5% 増加
2位 東西NTT     29.5% →昨年31.0% 減少
3位 イー・アクセス    10.5% →昨年12.8% 減少
4位 アッカ・ネットワークス 9.6% →昨年9.3% 増加
などとなっている。

また、Yahoo! BBは、契約ISPとしても23.9%を占めてトップに入り、
2位の@niftyの12.8%を大きく引き離しています。



インターネット利用者の3分の2は「P2Pソフトを知らない」!!

開発者が逮捕されるなど話題となっているP2Pアプリケーションの認知状況については、
「知っている」とした人は17.6%に止まり、
「知らない」が66.3%、
「わからない」が16.1%でした。

昨年の調査では、
「知っている」が25.0%、
「知らない」が50.7%、
「わからない」が24.3%でした。

インターネット市場全体が大きくなった結果、P2Pを知らない初心者が増加しているのが
原因ではないかと見ています。

さらに、P2Pを知っている人のうちで実際に利用している人の合計も14.6%に過ぎず、
「ほぼ毎日利用している」が3.9%、
「2、3日に1回利用している」が2.9%、
「週に1回程度利用している」が3.1%、
「1カ月に1、2回利用している」が4.7%
でした。

これに対して「ほとんど/まったく利用していない」は66.6%、
「以前利用していたが、現在は利用していない」は18.8%でした。


また、迷惑行為の被害に「遭ったことがない」とした人が昨年の61.4%から今年は37.0%に減少。
逆に、「コンピュータウイルス」を挙げた人は24.9%から48.2%に急増しています。
個人情報の被害経験については、4人に1人にあたる24.9%が「ある」と回答しています。



世界のブロードバンド

2004年第1四半期末(2004年3月31日時点)の
世界のブロードバンド総回線数は1億1,170万に達しました。

2003年末から3カ月間で約1,230万回線の純増を記録したとされており、1億の大台を突破しました。
総回線数のうち、DSL接続が66%と大半を占める結果になっています。
その他の34%の内訳としては、CATVに続いて、FTTHや高速無線インターネット接続サービスなども、
徐々に普及してきています。

普及率は 1位アメリカ、2位中国、3位日本、4位韓国、
以下ドイツ、カナダ、フランス、イギリス、台湾、イタリアと続いています。
前四半期と比較した伸び率データでは、なんと52%増がマレーシアで、
メキシコ、ペルーでも20〜25%の伸びを記録するなど、
これまでブロードバンドが普及していなかった地域でも順調に増加しているそうです。

最も注目すべきデータとしては、中国が世界第5位の24%の伸び率を見せ、
総回線数で日本を抜いた今は、世界トップの米国に迫る勢いにもなってきています。

やはり21世紀は中国の時代!♪



このサイトからYahoo! BBにお申し込みの方全員にクオカード3,000円分プレゼント
まだブロードバンドじゃないんですか?
● Yahoo! BBなら月額利用料金は3,282円〜ブロードバンドが楽しめます♪
● 会員同士の通話が無料になるBBフォンが月額基本料「無料

★ もれなくクオカード3,000円分プレゼント! ★
いまならこのホームページからお申し込みいただくとクオカード3,000円プレゼント
さらにがんばれ!0円キャンペーンで最大2ヶ月間無料

まだの人は絶対申し込むべし このサイトからYahoo! BBにお申し込みの方全員にクオカード3,000円分プレゼント ですよ。この機会にどうぞ!!

検索エンジン最適化ドットコム


約1,000件もの携帯用検索エンジンデータを保有する、
国内最大級の携帯サイト一括登録ASP
http://www.keitaisitetouroku.com

検索エンジン登録ドットコム


約3,000件もの検索エンジンデータを保有する、
国内最大級の検索エンジン一括登録サイト
http://www.kensakuenginetouroku.com




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO