お金もうけドットコム

お金儲けの戦略

複利の魔法 『72の法則』を覚えておこう!
「人類最大の発明は”複利”である」とは、あのアインシュタイン博士が語った名言です。

投資を行う場合には、リスク管理と同時に資金管理や計画が必要ですよね。

老後資金など、目的を持って貯蓄する場合など、将来いくらの資金が必要なのかがわかれば、
「今の貯蓄を5%の利回りで回せば何年で倍になるのか」あるいは「5年、10年で資産が倍になるのに年率どれだけ利回り(投資収益)があれば達成できるのか」を計算し、計画を立てることができます。

実はそれを簡単に計算する方法があります。
「72」という数字を使えばおおよその計算が可能となります。

例えば、年率15%であれば何年で2倍になるかを計算する場合、72を15(利回り)で割ります。
4.8になりますが、四捨五入で5年となります。
年率15%で資産が増えていった場合、約5年で2倍になります。

逆に、8年後に資産を倍にしたい場合は、72を8(年数)で割ります。
つまり、年率9%が8年後に資産が倍になる利回りです。

『72の法則』は簡単ですので覚えておけば、マネープランを立てる際にきっと役立ちます。


ところで株式投資で言えば、年率20%で複利運用(再投資)できれば、
運用資産は10年で6.1倍、100万円は619万円になり、1000万円は6191万円になります。
また、20年で38.3倍となり、100万円は3833万円、1000万円は3億8337万円にもなります。

「100万円を1年間で120万円にする」というのは、株式投資を行う上では地味な目標に感じられるかもしれませんが、数年をかけて継続できれば効果は絶大です。
ルールを決めて守ることができれば、危険を冒して大儲けを狙う必要はありません。



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO